前へ
次へ

脳腫瘍が見つかったときの医療機関での治療

怖い病気としてがんがありますが、脳にがんができるとの話は聞いたことがありません。
脳がんと呼ばれる病気を検索しても見つからず、大抵は脳腫瘍がヒットするでしょう。
がんは上皮組織にできる悪性の腫瘍を差しますが、脳にはそれが発生しません。
脳腫瘍は脳の内部に発生する主要になり、さらに脳腫瘍には良性のものと悪性のものがあります。
がんと言われると医療機関での治療が必要になりますが、脳腫瘍だと良性なら経過観察をするときもあります。
頭痛で検査をしたり脳ドックを受けたりして脳腫瘍が見つかるときがあります。
まずは良性か悪性かの判断が必要で、悪性の時には治療を考えなければいけません。
他の臓器のがんと同様にどんどん悪化したり転移する可能性があるためです。
医療機関で最も取られる治療方法として開頭手術によって患部を切除する方法があります。
一方開頭せずに行う方法としてガンマナイフを使う方法もあります。
ガンマナイフは負担は少ないものの治療効果が継続しない問題もあります。

Page Top